今年の投資ライフは皆さんにとってどんなもんやったやろうか? ワイにとっては『九死に一生』のような年やった。反省点も多いけど学べたことも多く、及第点としておきたい。

今年の振り返りと来年に向けて

ワイにとって、今年は『九死に一生』のような年でした。

コロナショックによって去年バイオベンチャーで塩漬けしてしまった資金が蘇り、年始から比べれば運用資金は3倍程度にまで増やすことができた。トレードの回数も増やし、テクニカル含め多くのことを学ぶことが出来たと思う。

一方で、大統領選挙前に下がるとわかっていたものの、10月上旬の勢いの良さに大統領選挙を楽観視して下旬も買い向かったことで大きな損失を生んでしまったのは今年一番反省すべき点だと思っている。調子に乗っていたんや。

ただこれで自分がボラリティの高い相場に弱いことがはっきりとわかったので、地合いが荒れるようなシーンではリスクを控えるなどの対策を今後していきたいと思う。

なんだかんだ今年は増えた資産を全額BETするような『勢いまかせ』のトレードを続けてきたが、来年は『ご安全に』をテーマに運用を心がけたい。

来年に向けたポートフォリオの見直し

ワイは6年前くらいから長期投資として投資信託を続けている。自営業なので長期投資というより老後の資金としてやけど。月々5万円で、それとバランス調整のために年に一度20万を決まった月に入れている。年間80万円という計算だ。

ただ、今回資産運用の資金が増えたことで長期投資としてETFなどを新たに買い足そうと考えている。

ワイの場合短期資金があればあるだけ買ってしまいそうなので、運用資金の80%を長期投資へ、20%を短期投資+キャッシュポジションという位置付けでポートフォリオの見直すつもりだ。生活資金や家庭貯蓄は含んでないのでキャッシュポジションは少なめに設定。

現在の運用バランス(左)と来年中に整備したい運用バランス(右)
来年中に形成したい長期投資用ポートフォリオの概要

今年も残すところあと少し。短期投資として仕込むタイミングがあれば仕込んでいきたいが、直近半年間のようなリスク過多なトレードではなく、自分の資金に見合ったトレードで地道に増やしていきたい。